焼肉屋で子供が嘘をついた件

私がとある焼き肉店で焼き肉を食べているとそこに子供連れの家族がやってきた。

店員「ご注文がお決まりになられましたらベルでお呼びください」
ママ「はい」

(店員が厨房に戻ったあとで)

ママ「いい?歳を聞かれたら5歳って言うのよ?」
ボク「わかった」
ママ「小学生ですか?って聞かれたら幼稚園って言うのよ?」
ボク「わかった」

なにやらリハーサルをやっているようだ。

飲食店だと小学生未満は無料というところが少なからずある。
この焼肉店もそうだ。だから、小学1,2年生の子供に幼稚園生のふりをさせようという親も後を絶たない。

店員「お決まりでしょうか?」
ママ「焼き肉食べ放題コースで」
店員「焼き肉食べ放題コース、大人のかたが二名様と…子供のかたは…小学生未満は無料となっているのですが?」
ママ「ボクくん、何歳?」
ボク「5歳」
ママ「ボクくんは、小学生?」
ボク「幼稚園」

リハーサル通りに出来て、ママ、にっこり。

店員「小学生未満のお子様が一名様と。」
ママ「はい。」

店員「ご注文のほう、タッチパネルからお願いします。食べ放題100分制、ラストオーダー20分前となっております。それでは火のほう、つけさせていただきます。」

焼き肉を食べながらその様子をぼんやり見ていた我輩であるが、店員が踵を返し厨房へと戻ろうとした刹那、子供が大きな声でこう叫んだ。

ボク「ウソのプレゼントしたったー!!!U.S.O. ウッソー
ママ「ちょ、や、、やめなさい!!

取り乱す母親。

※ U.S.O.とは妖怪ウォッチに出てくる妖怪らしい。

「ウソのプレゼント」に我輩、思わず食べていた焼き肉とご飯をタッチパネルに大噴射。

そんな様子を後ろ目で確認するも、我関せずとそのまま厨房に立ち去る店員。

まさかこんな結末になろうとは。(ご飯粒のついたタッチパネルを紙ナプキンで拭きながら)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です